fbpx
公式限定!まとめ割&長期保証

パッと灯る、笑顔の道具。

ノロッカは家族ではじめた
小さなブランドです

自らの子育てのなかで
「もっと、こうしてあげたい」
そんな子どもへの想いを

新たな発想や発明で叶え
家族に明るい笑顔を灯したい
そう私たちは願っています

\生まれたきっかけ/
チャイルドシート用レインカバー

2016年、園児だった息子のため自転車用レインカバーを探していました。雨の日でも快適そうな広い室内のレインカバーはありましたが、どれも簡単に着脱できず、つけっぱなしにするものばかり。

その時、私は「晴れてもレインカバー?」、「気持ち良い日に子どもを閉じ込めたくない」と思いました。それに防寒や花粉対策で使うとしても、つけっぱなしは劣化や夏の暑さが心配でした。





続きを見る

そこで会社員だった私は副業で、パッと着脱できるレインカバーの開発を決意。運良く原型となるポップアップするカゴと出会い、家族・両親の力を借りながら、2年後の2018年に商品化できました。



発売から数年経ち、今でも小さな改善を積み重ね、商品もフロント用/海外メーカー用と広がりました。息子は卒園してノロッカも卒業しましたが、つぎはみなさんの笑顔を灯せることを願っています。

\生まれたきっかけ/
キッズバイク用レインカバー

2019年発売のストライダーを背負えるバッグ。ストライダーは公道走行が禁止なため、私たちも息子が乗る時は、徒歩5分ほどの公園へ、手で持ち運んでいました。

しかし重い!手荷物もあり両手が塞がると、一人で歩く息子が車道に飛び出さないか心配。ストライダーで遊びたい息子とは裏腹に、いつしか私たちは公園に行くのが億劫になってしまいました。





続きを見る

この苦い思い出が動機となり開発、スノーボード用バッグが背負うアイディアの原点となりました。手で持つと重いボードも、背負うと軽く運べたのです。雪山での忘れ物を防ぐグローブ収納もヒントに。



試作するとボードと違い、ハンドルが動くストライダーは不安定でしたが、独自構造で解決、商品化に至りました。このバッグなら気軽に安心して運べます。子どもが思う存分、公園に行けることを願って。

\生まれたきっかけ/
こどもの骨盤クッション

2020年、こどもの骨盤クッションを発売。リビング学習をはじめた息子に「姿勢!」と注意しながら、ふと「正しい姿勢って?どう座るの?」その答えを知らない自分に気づきました。



続きを見る

調べると「背骨の土台である骨盤を立てて座ると、背骨は自然と伸びる」とのこと。まずは背骨や背筋でなく、骨盤なのです。しかし幼い息子に正しく伝え、実践するのは難しく、その時は断念。



そこで小さな子どもでも骨盤を立てて座れるクッションの開発を決意。基本設計を元に早稲田大学大学院 鳥居教授にもご協力を仰ぎ、商品だけでなく姿勢の基本を学べるウェブサイトの開発を進めました。



私たちのこだわりは、無理に矯正せず、こども自身の力(体と知識)を育てることです。いつか親元を離れる子どもに、道具や親の声が無くても、正しく座れる、自立した大人になって欲しいという願いです。

\生まれたきっかけ/
自由なランドセル

2022年、自由なランドセルを発売。年長の息子を連れて工房系のお店に。初めてランドセルを背負う姿を楽しみにしていましたが、第一印象は「かわいそう」。小柄な息子には重くて辛そうに見えました。



続きを見る

色は青が良いと息子は譲らず。好きなおもちゃがコロコロ変わる時期で迷いましたが、結局は青を購入。3年生の今は、なんでも黒一色。6歳児に6年間使う色を選ばせるのは少し酷だなとも思いました。



そこで、軽い!成長して好みが変わっても大丈夫!そんなランドセルの開発に着手。またランドセルは明治30年から大きく変わらず、多様な個性が尊重される今の時代にあったものを目指しました。



結果、誕生から100年を超えた今、新しく自由なランドセルが生まれました。個性的である一方、ランドセル姿を見たいという家族の気持ちを叶えるため、そのカタチは守ることにこだわりました。