メニュー
ご購入はノロッカ楽天市場店へ
リヤシート用 通常モデル

ユーザーガイド

装着するシート:パナソニック
❶ ギュット・クルームR

使用前の準備

2つの留具(ヒネリとバックル)を自転車に取付けるだけで、すぐにレインカバーをお使いいただけます。

別売のヒネリ留具を準備する

本シートはヘッドレストを一番高くせずに使用する場合、別売の粘着式ヒネリ(→こちら)が必要となります。レインカバー同梱のマジックテープ式ヒネリ留具は使用いたしません。

粘着式ヒネリ留具を取り付ける

粘着式ヒネリ留具は取手が横向きになるように、写真の赤い点線の下(チャイルドシートの隆起している場所のすぐ下)に、両手で30秒間しっかり押さえて圧着します。

貼付前にチャイルドシートの埃/油/汚れをアルコールウェットティッシュ等で落とし、完全に乾燥したことを確認の上で行ってください。

貼付はチャイルドシートが太陽光や外気温で高温な時を避け、貼付後少なくとも3時間経ってから(できれば翌日以降に)レインカバーをご使用ください。なおサンシェードは一番上まで開くと室内に収まりますので、取り外す必要はありません。

長時間使用後、留具を外した際に糊がシートに残る場合があることをご了承ください。。

ヘッドレストを一番高くしてお使いになる場合

その場合、レインカバーに同梱のマジックテープ式ヒネリ留具を使用します。写真のベルト穴(赤枠部分)にマジックテープの両端を差し込んでしっかりと引っ張り、お子様にマジックテープの硬い面が当たらないよう角丸側を上から被せるようにして留めます。

バックル留具を準備する

レインカバーに同梱されているバックル留具を準備します。

バックル留具を取り付ける

チャイルドシート股部と自転車本体のフレームをつなぐ安全ベルトに本留具を取付けます。角丸側を上から被せるように巻きつけてください。

安全ベルトが付いていない場合はチャイルドシート取扱説明書に従い必ず取付けてください。

レインカバーの取付け

2つの留具(ヒネリとバックル)で、パッとレインカバーを取付けできます。

レインカバーをヒネリ留具で固定

レインカバーを収納袋から取り出し広げます。レインカバーをチャイルドシートに被せ、ヒネリ留具を回して固定します。

袋から出す際、勢いよく飛び出して開くため、ご自身や周囲のお子様などに十分注意してください。 

レインカバーをバックル留具に固定

レインカバー前面のベルトをバックルに差し込みます。ベルトの端を調整し、フレームが歪まない適度にテンションをかけて固定します。

お子様が乗り降りする際、足を引っかけないよう、ベルトがベルトループに入っていることをご確認ください。

またグリップバーを全開する場合は、このバックルを外してください。外さないと無理に力がかかり、破損の原因となる場合があります。

ファスナーを閉める

ファスナーを閉め、レインカバーのファスナーフラップをしっかり被せます。

排水フラップの確認

天井の雨水がレインカバーの外に流れるよう、排水フラップを角の中心に設置します。

正しく設置しないと、雨が侵入して膝部が濡れる原因となります。

レインカバーの折畳み

レインカバーが完全に乾いた状態で折り畳んでください。無理に力を加えると、フレームを損傷する恐れがありますのでお気をつけください。

使用しない時は前後左右のパネルを重ね合わせるだけにとどめ、パネルフレームに負荷をかけないよう、小さく折畳まず、収納袋に入れずに保管してください。

メンテナンスの方法

生地のメンテナンス

生地に汚れが生じた場合は、生地裏面の撥水加工が剥がれないよう擦らずに、水またはぬるま湯でやさしく手洗いをします。また撥水スプレーをご使用される場合は、スプレーの「使用上の注意」をご確認ください。ただし透明ビニール(ポリウレタン樹脂)にはご使用いただけません。

透明ビニールのメンテナンス

透明ビニール部分の汚れ・曇り等が生じた場合、熱湯に浸した布(毛羽立ちの無いもの)で拭きます。その後、乾いた布で優しく水分を拭き取り、両面とも同じ作業を行います。熱湯を扱う際は、必ず耐熱ゴム手袋を履き、火傷にご注意ください。